2009年のPC出荷金額は9年連続の減少に——MM総研調査 | RBB TODAY

2009年のPC出荷金額は9年連続の減少に——MM総研調査

IT・デジタル ノートPC

2009年ルート別(個人向け/法人向け)出荷実績
  • 2009年ルート別(個人向け/法人向け)出荷実績
  • タイプ別出荷実績と推移
 MM総研は3日、2009年1月〜12月の国内PC出荷実績調査結果を発表。世界同時不況の影響により、法人向けPCの出荷が下落するなど、時代背景を反映する結果となった。

■個人向けPCは台数上昇ながら、平均単価下落で金額は減少

 全体の国内PC市場は、出荷台数で前年比4.2%減の1,305万1千台となりマイナス成長を記録。出荷金額も前年の1兆4,740億円から1兆1,580億円に下落し、前年比21%減となった。出荷金額は2000年以降、9年連続の減少になるという。

 ただし、個人向けPCの出荷台数は662万4千台と前年比4.2%増の成長を遂げた。同総研の見解では、台数増の牽引役は前半がネットブック、後半が10月に登場した新OS「Windows 7」効果による買い替え需要とのこと。これにより出荷台数は2年連続で過去最高となったものの、ネットブックやスタンダードノートの平均単価下落が響き、出荷金額の減少を招いた。

 一方で顕著な下落が見られたのが法人向けPC。2008年下半期からの世界同時不況が尾を引き、設備投資の縮小傾向などから年間を通じて出荷台数が減少。前年比11.5%の642万7千台となり、95年の統計開始以降、初めて個人向けPCが法人向けPCの台数を上回る結果となった。

■2010年の市場規模は前年比4.2%増の予測

 タイプ別の傾向を見ていくと、ノートPCが720万1千台で4.9%減、デスクトップPCが451万台で15.3%減。ここでも法人需要の高いデスクトップの苦戦ぶりが如実に現われた。だが、2009年10〜12月期から政府主導の施策により公立小中高校へのPC一斉導入が始まり、この四半期においては法人市場で20万台弱ほどの押し上げが予想されるなど、明るい兆しも見られる。

 個人向けデスクトップでは、アップルの「iMac」が健闘。2009年秋に発売された27型の大型モデルが現在も台数を拡大しているという。高いデザイン性やOS、バンドルソフトの使い勝手なども高い評価につながっているようだ。

 2010年の国内市場規模予測は、個人向けが670万台、法人向けが前年比7.3%増の690万台とした。合計では4.2%増の1,360万台となる。個人市場ではメインPCの買い替え需要、法人市場では景況感の底打ちに伴うXPマシンのリプレースが進むのではないかと見ている。
《小口》

関連ニュース

特集

page top