パナソニック、「LUMIX」のエントリーモデルを2機種——2万円台前半から | RBB TODAY

パナソニック、「LUMIX」のエントリーモデルを2機種——2万円台前半から

IT・デジタル デジカメ

「DMC-FS10」(オレンジ)
  • 「DMC-FS10」(オレンジ)
  • 「DMC-FS10」(ブラック)
  • 「DMC-FS10」(ピンク)
  • 「DMC-FS10」(シルバー)
  • 「DMC-FP1」(ブルー)
  • 「DMC-FP1」(グリーン)
  • 「DMC-FP1」(ブラック)
  • 「DMC-FP1」(ピンク)
 パナソニックは、同社のデジタルカメラ「LUMIX」のエントリーモデルとして「DMC-FS10」、「DMC-FP1」を2月19日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格はDMC-FS10が25,000円前後、DMC-FP1が22,000円前後。

 両製品ともに学生や初心者などエントリーユーザーをターゲットにした。DMC-FS10は2.7型液晶、有効画素数1,210万画素、広角28mm(35mm判換算)/光学5倍ズームといった仕様。DMC-FP1は薄さ18.6mmのスリムシェイプで、2.7型液晶、有効画素数1,210万画素、光学4倍ズームを搭載する。

 初心者でも簡単に撮影が可能な、シーンの自動判別モード「おまかせiAモード」を装備。そのほか、「スピードフォーカス&高速起動」機能により、シャッターチャンスを逃さないように配慮したという。

 DMC-FS10のおもな仕様は、撮像素子が1/2.33型総画素数1270万画素CCD、焦点距離が35mm判換算で28〜140mm、F値がF2.8〜F6.9。内蔵フラッシュメモリが約40MBで、外部対応メディアはSD/SDHC/SDXCカード。動画は最大1,280×720ピクセルのHDまで対応する(30コマ/秒、保存形式はQuickTime Motion JPEG)。インターフェースはUSB。本体サイズは幅98.4×高さ55.2×奥行き23.4 mm、重さは約145g(バッテリー、メモリーカード含む)。カラーはオレンジ/ブラック/ピンク/シルバーの4色。

 DMC-FP1のおもな仕様は撮像素子が1/2.33型総画素数1270万画素CCD、焦点距離が35mm判換算で35〜140mm、F値がF3.5〜F5.9。内蔵フラッシュメモリが約40MBで、外部対応メディアはSD/SDHC/SDXCカード。動画は最大1,280×720ピクセルのHDまで対応する(30コマ/秒、保存形式はQuickTime Motion JPEG)。インターフェースはUSB。本体サイズは幅98.6×高さ58.9×奥行き18.6mm、重さは約141g(バッテリー、メモリーカード含む)。カラーはブルー/グリーン/ブラック/ピンク/シルバーの5色。
《小口》

関連ニュース

特集

page top