世界最薄、9.99ミリの極薄ノートPC「Adamo XPS」がついにデビュー!! | RBB TODAY

世界最薄、9.99ミリの極薄ノートPC「Adamo XPS」がついにデビュー!!

IT・デジタル ノートPC

「Adamo XPS」
  • 「Adamo XPS」
  • 「Adamo XPS」
  • 「Adamo XPS」
  • 「Adamo XPS」
  • 「Adamo XPS」
 デルは6日、平均の薄さが9.99mmという世界最薄のノートPC「Adamo XPS」を発表。11月18日から発売する。価格は174,000円〜。

 同製品は、2009年9月からティザー(予告)サイトを設け、かねてから極薄ノートPCとして噂を呼んでいたモデル。2009年3月に発売された厚さ16.4mmの薄型ノートPC「Adamo」の後継となり、さらなる薄型化に成功している。

 最薄部が9.7mm、最厚部が10.3mm。筐体は高級感あふれるアルミニウムとなる。液晶ディスプレイは13.4V型ワイド(1,366×768ピクセル)を搭載。CPUはCULVのCore 2 Duo SU9400(1.4GHz)、OSはWindows 7 Home Premium(64ビット)、メモリは4GB(DDR3-SDRAMデュアルチャネル)、ストレージは128GB SSD。

 ボディの開閉には感熱式のラッチシステムを採用し、今回の薄さを実現するために、キーボードはボディを開けた際に浮き上がる仕組みとなっている。また、一般的なノートPCのように使用時に底部がフラットになる設計ではなく、上部のディスプレイ部分がスタンドのような役割を果たす斬新な構造。平面ではなく、傾斜がついたキーボードを打つ形となる。キーボードは金属製キートップを使用したフルサイズ。

 6セル標準バッテリで最大2時間36分、オプションの12セルバッテリで最大5時間17分の駆動が可能。インターフェースは筐体左右にUSB2.0を1ポートずつと、DisplayPortが1ポート(標準でDVI変換コネクタが付属)。そのほか、ヘッドホン端子を装備する。無線LANはIEEE 802.11a/b/g/n、有線LANは1000BASE-T/100BASE-TX。Bluetooth Version 2.1+EDRに準拠。本体サイズは幅340×高さ9.7〜10.3×奥行き273.9mm、重さは1.44kg。外付けオプションで、本体とデザインを統一したDVDスーパーマルチドライブ、Blu-rayドライブ、USB接続のHDD(250GB/500GB)を用意した。
《小口》

関連ニュース

特集

page top