もっとも利用する検索サービス、女性は「Google」嫌いの傾向 | RBB TODAY

もっとも利用する検索サービス、女性は「Google」嫌いの傾向

エンタメ その他

もっとも利用する検索サービス
  • もっとも利用する検索サービス
  • もっとも利用する英和・和英の辞書機能
 英会話スクールを運営するGABAが仕事での英語使用経験者を対象に「ネット検索サービスに関する利用実態調査」を実施。「Yahoo! JAPAN」と「Google」、女性はその利用に差があることなどがわかった。20代〜50代の男女1000名から回答があった。

 仕事での英語使用経験者1000名に利用する「インターネットの検索サービス」を複数回答で聞くと、1位「Yahoo! JAPAN」93.4%、2位「Google」85.2%、3位「goo」29.7%となり、「MSN」「Infoseek楽天」「excite」が続く。

 次に“最も利用するのは”という単一回答形式にしてみると、男女ともに1位「Yahoo! JAPAN」、2位「Google」となり、全体と同様の結果に。しかし男女差をみてみると、「Yahoo! JAPAN」(男性50.5%、女性64.9%)、「Google」(男性41.1%、女性29.0%)と、ともに10ポイント以上の差があり、女性は「Yahoo! JAPAN」を、男性は「Google」を多く利用するといったように検索サービスにおける男女の利用状況の違いが明らかになった。

 仕事での英語使用経験者にどこのサイトで英和・和英の辞書機能、翻訳機能を最も利用しているのか単一回答形式で聞くと、1位「Yahoo! JAPAN」38.6%、2位「Google」14.6%、3位「excite」13.0%という結果に。ただ英語を「毎日」仕事で使用する層に限っては、最も高い頻度で使用するサービスは「Yahoo! JAPAN」37.5%となり、「アルク(英辞郎)」と「excite」が同率2位で15.9%となった。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top