応募可能ならバイブでお知らせ 〜KDDI、TV番組のケータイ応募にて新方式トライアル | RBB TODAY

応募可能ならバイブでお知らせ 〜KDDI、TV番組のケータイ応募にて新方式トライアル

エンタープライズ モバイルBIZ

スムースアクセスの仕組み(制御の原理)
  • スムースアクセスの仕組み(制御の原理)
  • スムースアクセスの仕組み(実現イメージ)
  • トライアルのシステム構成
 KDDIおよびKDDI研究所は17日、チューリップテレビならびにフィックスと共同で、チューリップテレビの当たり付きCM企画において、視聴者がケータイから懸賞に応募する際のあらたな受付方式のトライアルを実施すると発表した。

 TV番組「開運! なんでも鑑定団」(9月19日12時放映予定)のCMチャンスで放送されるクイズに答えて、地上デジタル放送受信機器や地デジグッズをプレゼントする企画のなかで行われる。ケータイからの応募で、サーバへアクセスした視聴者に、応募登録ができるようになった時点にバイブレーションなどでお知らせをする。新方式では、アクセスが集中した際でも、自分のリクエストが確実に応募でき、また、番組提供側にとっては、視聴者からの同時大量アクセスがあった場合でも、受付サイトのシステムダウンの心配なく受付ができるようになるという。

 この受付方式は、視聴者からのアクセスが集中した際にサーバの負荷を軽減し、快適な応募登録を実現するためにKDDIとKDDI研究所が開発した「スムースアクセスシステム」技術による。「スムースアクセスシステム」は、ユーザー端末から所望のWebページにアクセスする際、Webサーバの処理能力と混雑状況に基づいて最適な待機時間を算出し、“整理券”としてFlashLite(ケータイ向け) またはJavaScript(PC向け) を用いてユーザー端末へ通知をするというもの。ユーザー端末は、指定された時間まで待機した後に所望のWebページヘのアクセスが可能となる。今回のトライアルでは、「スムースアクセスシステム」は、フィックスが提供する双方向番組制作ASPサービス「PiTENTRY2(ピットエントリー・ツー)」に組み込まれて利用される。なお本システムはau携帯電話以外の携帯電話からも受付可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top