AI、土屋アンナ、Microがメガホンを取った話題の映画が早くも | RBB TODAY

AI、土屋アンナ、Microがメガホンを取った話題の映画が早くも

エンタメ その他

 8月1日と2日の両日にわたり開催されたAI、土屋アンナ、Microの人気3アーティストによる映画と夏フェスの融合イベント「BLUE PACIFIC STORIES LIVE 2009」。同イベントで公開されたばかりの映画「BLUE PACIFIC STORIES」の配信が、KDDIの「LISMO Video」、ひかりone TVサービス「MOVIE SPLASH」、ケーブルテレビ局の映像配信サービス「MOVIE SPLASH VOD」でスタートした。さらに、今月下旬より、Yahoo!映画の「オンラインシアター」「ムービーフルPLUS」「みんなのシアターWii」でも配信される予定だ。

 若者たちに圧倒的に支持されているAI、土屋アンナ、元Def TechのMicroがマイクをメガホンに持ち替え映画監督初挑戦。海からインスパイヤーされた物語をそれぞれの個性で制作した3本の短編が結集したオムニバス映画「BLUE PACIFIC STORIES」は、“ブルパシ”の愛称とともに大反響を呼んだ。
   
 AIは生まれ故郷のLAオールロケの「TAKE ACTION」、土屋アンナはCGクリエーターイワタナオミとのコラボでアニメーションに挑戦した「フィッシュ・ボーン」、そして、Microは成宮寛貴を主演に自身も得意とするサーフィンをテーマにした「カモミールの羽」をそれぞれ監督。映画に使われている音楽もそれぞれの監督自身の手によってプロデュースされ、エンディングテーマは、各アーティスト自身がオリジナル楽曲を制作し自身で歌いあげている。映画と合わせてこちらも楽しみたい。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top