【レビュー】iPhoneのカメラ機能を活用しよう!(三脚編) | RBB TODAY

【レビュー】iPhoneのカメラ機能を活用しよう!(三脚編)

IT・デジタル モバイル

 iPhone 3G/3GSには、カメラが付属しているが、手ぶれ補正などの機能がない。そのため、暗い場所や手ぶれしないように写真を撮りたい場合には、三脚などを使用して確実にiPhoneを固定する必要がある。
  •  iPhone 3G/3GSには、カメラが付属しているが、手ぶれ補正などの機能がない。そのため、暗い場所や手ぶれしないように写真を撮りたい場合には、三脚などを使用して確実にiPhoneを固定する必要がある。
  •  iPhone 3G/3GSには、カメラが付属しているが、手ぶれ補正などの機能がない。そのため、暗い場所や手ぶれしないように写真を撮りたい場合には、三脚などを使用して確実にiPhoneを固定する必要がある。
  • 上海問屋 携帯電話用 三脚固定ホルダー DN-100CC
  • 上海問屋 携帯電話用 三脚固定ホルダー DN-100CC
  • SLIK コンパクト自由雲台 SBH-60
  • SLIK コンパクト自由雲台 SBH-60
  • LOAS ミニ三脚 DCA-032BK
  • LOAS ミニ三脚 DCA-032BK
 iPhone 3G/3GSには、カメラが付属しているが、手ぶれ補正などの機能がない。そのため、暗い場所や手ぶれしないように写真を撮りたい場合には、三脚などを使用して確実にiPhoneを固定する必要がある。

●iPhone 3G/3GS用三脚

 まずは、iPhone用の三脚として手軽に持ち運んで使えるキットを作成してみた。

 用意したものは、携帯電話用の三脚固定ホルダーと自由雲台、そしてミニ三脚の3点。これで、iPhone 3G/3GSを固定して撮影する事が可能になる。

 三脚への固定方法は、三脚固定ホルダーでiPhoneをはさみ、自由雲台を取り付けて雲台に三脚を固定する。iPhone 3G/3GSのカメラは、固定する本体の向きによって、カメラ位置が変わるので、ローアングルで撮りたい場合にはカメラが下に位置する向きに、より高い視点で撮りたい場合にはカメラが上にくるような向きに本体を固定すると良いだろう。

 ミニ三脚を使用した場合の不便な点として、高さが低く、カメラの位置が足下に近くなってしまうので、液晶を覗いたり、シャッターボタンを押すと言う動作をするのがしにくい事があげられる。この場合には、テーブルの上に置いて視点を上げたり、より大きな三脚を使用するなどの工夫が必要だ。

 普通の三脚を使用すると、撮影に最適な視点を得ることができる。特に動画撮影の場合、三脚に固定して撮影を行うと、ブレが生じないので見やすい動画になる。

●実際の撮影にチャレンジ(他のデジカメとの比較)

 iPhone 3GSを固定するグッズを揃え、うまく撮影ができる事を確認したので、実際にいろいろな環境で撮影してみた。今回題材として選んだのは、お台場の1/1スケールガンダム。着いた時は晴れており絶好の撮影環境だったが、次第に曇り始め、最後は雨が降ってしまった。

 公開前に様子を見に行った際には、若干暗かった事と、手持ちだったためにぶれてしまってキレイに撮れなかった。今回は、三脚を持ち込んで、複数カメラにて撮影を行った。

 前回の反省を活かし、三脚にストロボ用ステーを載せて、複数カメラを設置できるようにした。iPhone 3GSは、携帯ホルダー+自由雲台の組み合わせにして、ステーに固定した。

 晴天時は、時間によってやや逆光気味になってしまうアングルだったが、iPhone 3GSは、画面の暗い部分をタップするとそこが基準となって明るさなどを自動調整してくれるので、短時間でそこそこの画質(明るすぎず、暗すぎず)を得るのに最適なインタフェースを備えているのではないだろうか。今回は、長時間の撮影に備えてバッテリー特集で紹介している外部バッテリーを幾つか持参して撮影した。フォーカルの「Juice Pack for iPhone 3G」は、iPhone 3GSに装着した状態でホルダーに取り付けできるため、バッテリー残量を気にする事なく撮影モードにした状態で待機することができた。

 静止画も、一眼レフに見劣りしないくらいのレベルで撮影できた。露出補正などのバランスがタッチパネルだとピタッとハマらないのが難点だが、逆に試行錯誤しなくてもここまでできるのは便利だと思う。写真の知識のない人でも失敗が少ないのではないだろうか。

 2回目は、ガンダムの裏側に回って背面から撮影してみた。少し日が陰ってきたのと、夕方にさしかかる時間帯になり、薄暗い状態での撮影だった。背面から見上げたガンダムも迫力があった。人が少ないので、柵のすぐそばから見上げるように撮影できたが、この位置ではミスト(霧状の水蒸気)噴射の水滴がカメラにもかかってしまう。防水デジカメは何も気にせず撮影できたが、iPhone 3GSは、濡れてしまわないかと心配だった。幸い、表面に少し水滴が付いた程度で済み、故障もなく無事撮影ができた。

 最後は再び正面からの撮影を行った。せっかくなので角度を変えて別位置から撮影した。かなり曇ってきて逆光の心配はなくなったが、いよいよショーが開始される、というタイミングでポツポツと雨が降ってきた。

 暗くなってくると一眼レフのカメラの方がシャープに写るが、iPhoneでもここまで写せれば、合格ラインだろう。

 動画は、若干薄暗くなったという事もあり、ライトアップのコントラストがしっかり出るようになった。ミストの写り具合も、それとわかるくらいにちゃんと出ているようだ。動画に徹した携帯カメラはともかく、普通の携帯カメラでは、ここまでしっかりと撮影できないのではないだろうか。そういう意味では、iPhone 3GSのカメラは非常に汎用性が高いと思う。

 iPhone 3GSのカメラ、ビデオ機能は、思いのほか高機能で「使える」事がわかって頂けたと思う。(iPod Style 戸津)
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top