インテルとダイワボウIS、企業や教育機関向けにUQ WiMAXによるブロードバンド環境を提供開始 | RBB TODAY

インテルとダイワボウIS、企業や教育機関向けにUQ WiMAXによるブロードバンド環境を提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

 インテルとダイワボウ情報システム(DIS)は15日、企業や教育機関に対する屋内外シームレスなワイヤレス・ブロードバンド環境の提供に向けて協業することで合意したと発表した。

 オフィスや学内キャンパスで、動画やSaaS型アプリケーションなどのリッチコンテンツの利用がいつでもどこでも可能とするため、WiMAXサービスを利用した事業をさらに推進する。今回の協業では、国内大手のIT関連製品商社であるDISと、WiMAX対応通信モジュールを開発提供するインテルが、屋内だけでなく、屋外でもリッチコンテンツを利用できるオフィスやキャンパスを実現させることを目的に、企業や教育機関に対する販売促進を行っていくという。
 
 具体的には、WiMAX対応通信モジュール内蔵のインテルCentrino 2プロセッサー・テクノロジー搭載PCや情報端末の販売促進に向けて協力を行うとのこと。DISは、全国各営業拠点および販売パートナー向けに、WiMAX内蔵インテルCentrino 2プロセッサー・テクノロジー搭載PCや情報端末の利点、教育機関向けWiMAXソリューションに関するセミナーおよびトレーニングなどを実施し、一方、インテルはその企画内容、講演に関して支援を行う。またWiMAXやWiMAX対応通信モジュールなどに関する技術的な支援を行い、DISの事業活動における、ハードウェア・ベンダーやソフトウェア・ベンダーとの関係構築を支援するとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top