日立ソフト、ITを活用したコスト削減ソリューションを提供開始 | RBB TODAY

日立ソフト、ITを活用したコスト削減ソリューションを提供開始

 日立ソフトは8日、自社で取り組んできたコスト削減の取り組み成果を中心に、導入後1年で業績に直接寄与できる商品・サービスを選別し、ITを活用したコスト削減ソリューションとして提供開始した。

エンタープライズ その他
ITを活用したコスト削減ソリューション体系
  • ITを活用したコスト削減ソリューション体系
 日立ソフトは8日、自社で取り組んできたコスト削減の取り組み成果を中心に、導入後1年で業績に直接寄与できる商品・サービスを選別し、ITを活用したコスト削減ソリューションとして提供開始した。

 日立ソフトが進めてきたコスト削減のノウハウを中心に、ITを活用したコスト削減ソリューションとして「出張コスト」「印刷コスト」「労務コスト」「ITコスト」の4つのカテゴリ・17商品に体系化し提供する。インタラクティブ電子ボード「StarBoard」、ドキュメントガバナンス「活文」、指静脈認証システム「静紋」、統制IT基盤提供サービス「SecureOnline」などの自社製品・サービスを中心に、コスト削減効果の可視化と実現方法を体系化したものとなっている。財務状況の改善に直接寄与すること、出費の抑制に寄与すること、外注コスト削減(外注の内製化)に寄与することを条件に、導入後1年でコスト削減に直接寄与するソリューションを選別したとのこと。

 実際に日立ソフトでは、2007年度からのワークスタイル改革の活動やTV会議システムの増設を行い、社員などの国内移動における出張・交通費を、2008年度の1年間で約5,700万円削減したという。現在、TV会議システムを本社8台(可動式2台含む)、各地域開発拠点と支店に12台、合計20台設置している。そのほか、年間約391万枚の紙使用量を削減、開発用サーバや保守用サーバなど280台以上をSecureOnlineの環境で利用することにより、サーバ購入の金額に比べて、約7,800万円のITコストを削減したとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top