オーディオテクニカ、新機構採用のカナル型イヤホンなど3モデル | RBB TODAY

オーディオテクニカ、新機構採用のカナル型イヤホンなど3モデル

IT・デジタル その他

ATH-CKS70
  • ATH-CKS70
  • ブラック
  • ホワイト
  • ATH-CK300NS
  • ネックストラップほかをつないだ全体図
 オーディオテクニカは22日、カナル型イヤホン3モデルを発表。6月19日より発売する。価格は「ATH-CKS70」が8,925円、「ATH-CKS50」が5,040円、「ATH-CK300NS」が3,675円。

 ATH-CKS70、ATH-CKS50ともに2つの新機構を採用。1つは空気室(チャンバー)を2つ設けることで低域を増加させ、より奥行きのある低音再生を可能にするというサブチャンバーメカニズム。もう1つが新たに開発したイヤーピース2段階調整機構の2ポジションポスト。こちらは好みに合わせた装着を2段階で調節可能で、音漏れの抑止を図っている。これにより低域表現を追求し、高品位なサウンドを楽しむことができるという。同社ではこれらを合わせてソリッドベースシステムと呼んでいる。また、ユニットシャーシの外径までダイアフラム面積を大きくすることで、パワフルな再生と軽量化を実現したという。

 出力音圧レベルはATH-CKS70が106dB/mW、ATH-CKS50が104dB/mW。そのほかの仕様は両モデル共通でイヤホンは径12.5mmドライバーを搭載。再生周波数帯域は5〜24,000Hzで、最大入力は100mW。ケーブルはY型で長さ1.2m。インピーダンスは16Ω。プラグは金メッキ仕上げの3.5mmステレオミニで、重さは約8g。持ち運びに便利なキャリングポーチと、イヤーピース(XS/S/M/L)が付属。ATH-CKS70はブラックのみ、ATH-CKS50はブラック/ホワイトの2色。

 ATH-CK300NSは、2008年6月に発売されたATH-CK300S/ATH-CK300M の流れをくむモデル。一体型のネックストラップとボリュームコントローラーを付加し、使い勝手をより快適にしたという。ボリュームコントローラーはスライド式を採用することで、すばやく簡単な音量調節が可能。ネックストラップの左右に、適度な力が加わると安全のためにはずれる仕掛けのセーフティネックストラップ機構を採用。また、コードホルダー機能により、スライドさせることでヘッドホンのぶらつきやケーブルの絡みを防止する。下部中央のストラップは着脱可能になっており、はずした際は3.5mmステレオミニプラグにより、デジタルオーディオプレーヤーなど(ケースを含め150g以内)につなげることができる。

 イヤホンは径8.8mmドライバーを搭載。再生周波数帯域は20〜20,000Hz で、出力音圧レベルは100dB/mW。最大入力は40mW。ケーブルはネックストラップ型で長さ0.6m(天辺からステレオミニプラグまで)。インピーダンスは16Ω。プラグは金メッキ仕上げのステレオミニで、重さはコードをのぞき約3g。イヤーピース(XS/S/M/L)が付属。カラーはブラック/レッド/ホワイトの3色。
《小口》

関連ニュース

特集

page top