Wi2と京急バス、リムジンバス全車両にネット接続サービスを導入 | RBB TODAY

Wi2と京急バス、リムジンバス全車両にネット接続サービスを導入

エンタープライズ モバイルBIZ

接続イメージ
  • 接続イメージ
 ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)と京急グループの京浜急行バスは19日、京急リムジンバス(空港リムジンバス、アクアラインバス)の全車両に、無線LAN(WiFi)ブロードバンド・インターネット接続サービス「Wi2 300」を導入することを発表した。

 バス内での「Wi2 300」は、移動車両内でインターネット接続サービスを可能にする、HSDPAとWiFiを組み合わせたWi2のサービスとなる。京急バス車内での高速ブロードバンド・インターネットへの接続は、無線LANに対応するパソコンやモバイル端末などで利用可能。Wi2は、モバイルルータなど機器の設置、メンテナンス、サポートサービスを行う。京急バスは、設置スペースの提供とバス内外における告知プロモーションを行う。

 サービス開始は6月1日から。7月31日までは、メールアドレスを登録するだけで、無料で試用できる(8月1日から、有料サービスへ移行予定)。Wi2では今後「バス用ポータルサービス」を導入し、位置情報に連動した情報やコンテンツの提供を行い、到着地(駅や空港)の案内や広告など、ユーザーに有用な情報を手元の無線LAN対応端末へ配信する予定。なお京急バス182台が加わり、「Wi2 300」のアクセスポイントは、丸の内の自社APを含み約6,400か所となるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top