NEC液晶テクノロジー、裸眼立体視が可能なモバイルTV向け液晶ディスプレイモジュールを展示 | RBB TODAY

NEC液晶テクノロジー、裸眼立体視が可能なモバイルTV向け液晶ディスプレイモジュールを展示

 NEC液晶テクノロジーは6日、モバイル3Dテレビプロジェクト「MOBILE3DTV」端末プロトタイプ向けに、裸眼立体視が可能な対角3.1型WQVGA対応カラー液晶ディスプレイモジュールの試作機を提供することを発表した。

ブロードバンド その他
 NEC液晶テクノロジーは6日、モバイル3Dテレビプロジェクト「MOBILE3DTV」端末プロトタイプ向けに、裸眼立体視が可能な対角3.1型WQVGA対応カラー液晶ディスプレイモジュールの試作機を提供することを発表した。

 この端末プロトタイプは、2月16〜19日にスペインのバルセロナで開催されるモバイル関連の世界最大規模のイベント「Mobile World Congress 2009」において、世界で初めて公開される予定だ。「MOBILE3DTV」(正式名称「Mobile 3DTV Content Delivery Optimization over DVB-H System」)は、欧州連合における研究開発支援制度として2007年より開始された「第7次研究枠組み計画」(FP7)の中で、最重点分野である情報通信技術(ICT)に属するプロジェクトの1つ。モバイル3Dテレビ放送の実現可能性を実証することを目指して、2008年1月より3年計画で行われている。

 今回の出展は、モバイル3Dテレビ放送におけるリアルタイム処理による3D動画表示のデモを行うことが目的とのこと。「MOBILE3DTV」端末の試作器は、プロジェクトのメンバーであるMMソリューションズ社が開発を担当し、端末に搭載のCPUを提供するテキサス・インスツルメント社のブースに展示される。また、搭載されている対角3.1型WQVGA対応カラー液晶ディスプレイモジュールの試作機は、MWC2009のNECブースにも展示予定となっている。
《池本淳》

関連ニュース

page top