富士フイルム、広視野角7型液晶を搭載するデジタルフォトフレーム——センサーで明るさを自動調節 | RBB TODAY

富士フイルム、広視野角7型液晶を搭載するデジタルフォトフレーム——センサーで明るさを自動調節

IT・デジタル デジカメ

DP-70SH
  • DP-70SH
 富士フイルムは、視野角が上下・左右176度で800×480ピクセル表示対応の7型液晶を採用したデジタルフォトフレーム「DP-70SH」を発表。3月上旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は20,000円前後。

 同製品は、広い視野角を実現するASV液晶ディスプレイを採用したデジタルフォトフレーム。視野角を上下・左右 176度まで広げ、どこから見てもきめ細やかで鮮やかな美しいデジタル写真を楽しむことができるという。

 また、周囲の明るさに合わせて輝度を自動で調整する「明るさセンサー」を搭載した省エネ設計を採用。日中の明るい室内では輝度を上げることで再生画像をより明るく、夕刻の薄暗い場合や間接照明の室内などでは輝度を落として雰囲気のある画像再生を演出する。さらに、夜間消灯時には自動的に画面をOFFにするため、電源の消し忘れによる電気の浪費を防止する。そのほか、スライドショー再生、カレンダー、時計機能などを搭載する。

 表示色は1,619万色。輝度は約350cd/m2。コントラスト比は約1,000:1。対応ファイル形式はJPEG。内蔵フラッシュメモリは256MB。対応外部フラッシュメモリはxD/SD/MS/CF/SDHC/MMC、変換アダプタ使用で、miniSD/microSD/miniSDHC/microSDHC/MS Duo/MS PRO/MS RRO Duo/MS PRO-HG Duo/MS Micro。インターフェースはminiUSB。本体サイズは幅204×高さ134×奥行き25.5mm。重さは420g。専用リモコン/ACアダプタを付属する。
《満井》

関連ニュース

特集

page top