メインPCからミニノートPCをリモート操作できるUSB接続 PC自動切り替え器 | RBB TODAY

メインPCからミニノートPCをリモート操作できるUSB接続 PC自動切り替え器

 コレガは29日、ミニノートPC向けPC自動切り替え器「切替え〜る」シリーズの第2弾として、2台のPCをつないでリモート操作やデータ転送できるUSB接続のPC自動切り替え器「CG-UMPC2RUL」を発表。1月下旬に発売する。価格は6,615円。

IT・デジタル ノートPC
CG-UMPC2RUL
  • CG-UMPC2RUL
  • 接続イメージ
 コレガは29日、ミニノートPC向けPC自動切り替え器「切替え〜る」シリーズの第2弾として、2台のPCをつないでリモート操作やデータ転送できるUSB接続のPC自動切り替え器「CG-UMPC2RUL」を発表。1月下旬に発売する。価格は6,615円。

 同製品は、USB2.0端子を搭載した2台のPCをつないで、使い慣れたメインPC側からもう1台のPCをリモート操作することが可能。LAN環境や共有設定などといった特別なネットワーク設定をしなくても、2台のPCをUSBケーブルでつなぐだけで簡単利用できる。

 メインPC側のディスプレイに、もう1台のPCのデスクトップ画面を表示。PC間のファイル移動やコピーは、本体内蔵の専用ソフトウェアを使用してマウス操作(ドラッグ&ドロップ)だけで手軽に行える。また、側面にUSBポートを1つそなえ、メインPCのUSBポートをふさぐことなく使用できる。

 対応OSはWindows Vista/XP/2000。インターフェースはUSB2.0。ケーブル長はローカル側が0.9m、リモート側が1.8m。本体サイズは幅95×高さ15×奥行き29mm、重さは94g。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top