ドコモ、「パケ・ホーダイ ダブル」を改定——PCでのデータ通信も定額制に | RBB TODAY

ドコモ、「パケ・ホーダイ ダブル」を改定——PCでのデータ通信も定額制に

 NTTドコモは27日、パケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」について、これまで定額対象外となっていたPCなどを利用したパケット通信を定額の対象とする改定を4月1日に行うことを発表した。

ブロードバンド その他
 NTTドコモは27日、パケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」について、これまで定額対象外となっていたPCなどを利用したパケット通信を定額の対象とする改定を4月1日に行うことを発表した。

 今回の改定により、国内においては、従来のiモード利用時の上限4,410円(税込)、iモードフルブラウザ利用時の上限5,985円(税込)に加え、新たにPCなどの利用時においても上限13,650円(税込)の定額での利用が可能となる。従来は上限が無く、高額となる場合も存在した。

 なお現在提供されているパケット割引サービス「パケットパック60」「パケットパック90」については、3月31日をもって新規申込み受付が終了となる。これにより、iモード利用を中心としたデータ通信の料金割引サービスは「パケ・ホーダイ ダブル」のみとなる。

 またこれまでパケット定額サービスを利用していた場合に、従量制でパケット通信を利用した場合に比べ、ネットワークの混雑している時間・場所において通信速度が遅くなる現象があったが、ドコモでは今回の改定にあわせて、特に通信量の多いユーザの通信速度を混雑の際に制限を行うとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top