シグマ、フルサイズにも対応! 全域F値 F2.8の大口径標準ズームレンズ | RBB TODAY

シグマ、フルサイズにも対応! 全域F値 F2.8の大口径標準ズームレンズ

IT・デジタル デジカメ

24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
  • 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
 シグマは18日、フルサイズ対応の大口径標準ズームレンズ「24-70mm F2.8 IF EX DG HSM」を発表。キヤノンマウント用を2009年1月25日より発売する。価格は123,800円。

 同製品は、使用頻度の高い焦点域の24〜70mmをカバーするフルサイズ対応の大口径標準ズームレンズ。最新の光学設計で全長94.7mmのコンパクト化を達成した。携帯性に優れ、F値も全域でF2.8と明るく、幅広いシーンでの撮影が可能だ。

 ELD(Extraordinary Low Dispersion 特殊低分散)ガラス1枚、SLD(Special Low Dispersion 特殊低分散)ガラス2枚、非球面レンズ3枚を採用し、諸収差を良好に補正。スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレアやゴーストの発生を軽減しているという。また、HSM(Hyper Sonic Motor)を搭載し、AFスピードの高速化と静粛性を実現。フルタイムマニュアルフォーカスも可能だ。そのほか、9枚羽根の円形絞りの採用により、開放付近での美しいボケが得られるという。

 レンズ構成は12群14枚。絞り羽根枚数は9枚(円形絞り)。最小絞りはF22。最短撮影距離は38cm。最大倍率は1:5.3。フィルター径は82mm。本体サイズは最大径86.6×長さ94.7mm。重さは810g。専用ケース、花形フード(LH876-01)が付属する。

 なお、ニコン、シグマ、ソニー、ペンタックス用も用意。ニコン用とシグマ用の発売日は2009年2月、ソニー用とペンタックス用の発売日は未定。
《満井》

関連ニュース

特集

page top