SBモバイル、デザインシートを自作可能なケータイ「fanfun.2 830T」12月5日発売 | RBB TODAY

SBモバイル、デザインシートを自作可能なケータイ「fanfun.2 830T」12月5日発売

 ソフトバンクモバイルは、冬商戦向け新機種「fanfun(ファンファン).2 SoftBank 830T」を5日より全国で発売開始する。

ブロードバンド その他
オンリーワンコーディネートケータイ「fanfun.2 830T」
  • オンリーワンコーディネートケータイ「fanfun.2 830T」
  • 左から、ピンク/ブラック/ホワイト/ビビッドピンク/ゴールド
 ソフトバンクモバイルは、冬商戦向け新機種「fanfun(ファンファン).2 SoftBank 830T」を5日より全国で発売開始する。

 「fanfun.2 830T」はアウタージャケット、インナーシート、イルミネーションの組み合わせで、自由にデザインを変えられるコーディネートケータイ。本体表面にはカラーイルミネーションが配置されており、その上にイルミネーションに模様を浮かび上がらせる効果を持つ「イルミインナーシート」と絵柄入りの「デザインインナーシート」を重ね、さらに、2種類のインナーシートの上に「アウタージャケット」をかぶせることにより、3層構造の立体感のあるデザインの演出が可能となっている。標準セットには、アウタージャケット2種およびデザインインナーシート10枚、イルミインナーシート3枚が同梱される。それ以外にも専用の印刷用シート(別売)を使い、自宅でオリジナルデザインのシートを作成することも可能だ。

 ハードウェア面ではクリック感の軽い大型フラットキーを採用、爪の長い女性でも押しやすい形状となっている。2.8インチワイドQVGA液晶(240×400ドット)、オートフォーカス対応の約2.0メガピクセルカメラも搭載する。メールやメニュー画面のフォントは3種類から選ぶことが可能で、メール本文から感情表現を抽出し、くーまんの3Dアニメーションで表現する「くーまん3Dメール」も初搭載。文字だけでなく、動きのある3Dアニメーションでかわいらしさを演出している。

 サイズは約50×103×15mm(折りたたみ時、突起部除く)、約111g。連続通話時間/待受時間は約250分/約490時間(静止状態、折りたたみ時)で、「ワンセグ」連続視聴時間が約3時間。外部メモリーはmicroSDHCカードに対応する。カラーバリエーションはピンク、ブラック、ホワイト、ビビッドピンク、ゴールドの5種で価格はオープン価格。

 なお「fanfun.2 830T」と、12月下旬発売予定の「fanfun.petit SoftBank 831T」を対象に、クリエイターポータルサイト「CREATORS BANK」上で、インナーシートのデザインを募集する「fanfun.デザインコンテスト」が実施される予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top