ニコン、有効画素2,450万画素で35mmフルサイズの一眼レフカメラ | RBB TODAY

ニコン、有効画素2,450万画素で35mmフルサイズの一眼レフカメラ

IT・デジタル デジカメ
D3X
  • D3X
  • GPSユニット「GP-1」
 ニコンは1日、35mmフィルムの画面サイズに準じるニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載し、有効画素2,450万画素を実現したデジタル一眼レフカメラ「D3X」を発表。12月19日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は900,000円。

 同製品は、2007年11月に発売されたニコンのフラッグシップモデル「D3」をさらに高画素化させたモデルで、FXフォーマットを搭載する有効画素2,450万画素のデジタル一眼レフカメラ。撮影コマ数は、FXフォーマット(2,450万画素)時は7コマ/秒、「DXフォーマット」(1,050万画素)時は、5コマ/秒。ISO感度は常用100〜1,600(拡張時ISO50〜6,400)。ノイズの発生自体を低減させるように設計したノイズ低減処理機能が、彩度に影響を及ぼすことないくノイズを最小限にとどめているという。ボディーにはマグネシウム合金を採用し、防滴・防塵仕様となっている。

 また、同社独自の包括的デジタル画像処理コンセプト「EXPEED(エクスピード)」 に基づくテクノロジーを応用し、新しい画像処理プロセスを開発。高画質化、処理速度高速化、低消費電力化を実現。さらに、新開発の画像処理エンジンは、色彩を問わない忠実な色再現、鮮やかな彩度、なめらかな階調描写を可能にしているという。

 そのほか、手持ち撮影時と三脚撮影時の2種類の「ライブビュー」機能、世界最多となる51ポイントAFシステム、輪郭強調/コントラスなどの調整設定を4種類から選択できる「ピクチャーコントロールシステム」、撮影画像を解析して黒くつぶれる部分をデジタル処理で明るく再現する「アクティブDライティング」、カメラの傾きをボディーに内蔵した「加速度センサー」で検出し、左右方向の傾き状態を背面液晶モニターに表示する「デジタル水準器」などを装備する。また、撮影時の位置情報などを記録するGPSユニット「GP-1」も別売りで用意する。価格は21,000円。

 ディスプレイは92万ピクセル(VGA)の3型液晶。ファインダー視野率は100%(FXフォーマット時)。起動時間は0.12秒、レリーズタイムラグは0.04秒。レリーズ耐久性は30万回以上。最高シャッター速度は1/8,000秒。ストロボ同調速度は1/250秒。記録メディアはコンパクトフラッシュ(UDMA対応)で、2枚セット可能。「順次記録/バックアップ記録」もしくは「Raw+JPEG分割記録」のいずれかを選択できる。本体サイズは幅159.5×高さ157×奥行き87.5mmで、重さは1,220g。充電式バッテリ/USBケーブル/ビデオケーブル/専用ストラップ/アクセサリーシューカバー/アイピースなどが付属する。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top