ティアック、iPodの音楽再生を本格サウンドで楽しめるコンポ | RBB TODAY

ティアック、iPodの音楽再生を本格サウンドで楽しめるコンポ

IT・デジタル その他

Reference 200
  • Reference 200
 ティアックは12日、コンパクトコンポーネントシステム「Reference 200」を発表。11月21日より販売する。価格は、iPod dockを付属するCDレシーバー「CR-H228i」が52,500円、2ウェイスピーカーシステム「LS-H240」が21,000円。

 CR-H228iは、出力25W×2のアンプ、AM/FM各30局のプリセットが可能なラジオチューナー、プログラム再生をはじめさまざまな再生が可能なCDプレーヤー、という3つを1つに納めたオールインワンCDレシーバー。iPod用dockステーションを標準で付属しており、iPodの音楽再生にも対応するほか、本体に付属のリモコンで、dockに接続したiPodを操作することが可能。また、ビデオ出力端子からテレビなどに接続すると、iPodの動画や画像をテレビで楽しめる。

 アンプの最大出力は30W×2で、CD-R/RWおよびMP3ファイルやWMAの再生に対応。本体サイズは幅215×110×359mm、重さは4.4kg。付属品は、iPod用ドッキングステーション/dockアダプタ/リモコン(単4形乾電池×2付き)/AMループアンテナなど。

 LS-H240は、25.4mmドームツイーターと130mmホワイトカーボンコーンウーハーを採用した本格的ブックシェルフ型2ウェイスピーカーシステム。金メッキを施したスピーカー端子はバナナプラグにも対応する。インピーダンスは6Ω、最大入力は50W、感度は86dBで1W/m、再生周波数帯域は60〜22,000Hz。本体サイズは幅170×高さ270×奥行き242mm、重さは3.5kg(1スピーカー)。付属品はスピーカーケーブル×2など。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top