富士通のSaaS型映像配信サービスを「TSUTAYA TV」が採用 | RBB TODAY

富士通のSaaS型映像配信サービスを「TSUTAYA TV」が採用

エンタープライズ その他

サービス概要
  • サービス概要
 富士通は12日、同社のSaaS型ネットTV向け映像配信プラットフォーム「FENICS IPビデオ配信サービス」が、ツタヤオンラインが運営するデジタルテレビ向け映像配信サービス「TSUTAYA TV」が実施予定の「アクトビラ ビデオ/ダウンロードサービス」対応端末向けハイディフィニション(High Definition)映像配信サービスに採用されたことを発表した。

 「FENICS IPビデオ配信サービス」は、動画圧縮規格H.264形式およびデジタル著作権保護規格Marlin IPTV-ESに準拠したネットTV向け映像配信プラットフォームをSaaSとして提供するもの。今回、ダウンロード型配信に必要なインフラサービスの提供を開始する。

 「TSUTAYA TV」はこれにより、現在提供中のストリーミング型映像配信サービスに加え、ダウンロード型映像配信「TSUTAYA TV ダウンロードサービス」を、12月に提供開始する予定だ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top