【インタビュー】iPod touchはゲーミングのプラットフォーム——米アップル スタン・イング氏 | RBB TODAY

【インタビュー】iPod touchはゲーミングのプラットフォーム——米アップル スタン・イング氏

IT・デジタル その他

米アップル ワールドワイドプロダクトマーケティング iPod担当シニアディレクターのスタン・イング氏(Stan Ng)
  • 米アップル ワールドワイドプロダクトマーケティング iPod担当シニアディレクターのスタン・イング氏(Stan Ng)
  • アップストアのトップページ
  • マルチタッチインターフェースのドラッグのイメージ
  • 加速度センサーのイメージ
  • マルチタッチインターフェースのピンチのイメージ
 来日中の米アップル ワールドワイドプロダクトマーケティング iPod担当シニアディレクターのスタン・イング氏(Stan Ng)は11日、RBB TODAY編集部のインタービューに応じ、iPod touchとアップストアの革新性について語った。

 2008年7月にiPhone 3G、9月にiPod最新シリーズが発売された。一方で7月には、アップストア(App Store)がiPhoneやiPod touch向けアプリケーションのダウンロードサービスを開始している。

 以下は、氏とのインタビューの概要となる。

——iPod touchとアップストアの現状は?

アップストアでダウンロードできるアプリケーションの数は6,000以上。7月にダウンロードサービスをスタートさせてから現在までの約100日間(3ヵ月間)で、総ダウンロード数は2億となっています。

アプリケーションのジャンルはさまざまですが(6,000のうち)1,500はゲームアプリ。ですので、iPod touchがゲーミングのプラットフォームという新しい方向へ進むものと期待しています。

——iPodシリーズの中でも、音楽や動画、インターネットなど、エンターテインメント性の幅広さがiPod touchの特徴。その中でゲーミングのプラットフォームの進む先は?

iPod touchというハードと、アップストアというソフトの両方があいまって、ゲームの世界に革新を起こすことです。

——iPod touchのハードとしての特徴は?

iPod touchは、マルチタッチインターフェースが魅力です。従来のゲーム機はボタン操作に限られてしまいますが、マルチタッチインターフェースでは、画面上を指でドラック(アイコン/アイテムを動かす)したり、ピンチ(画面上で指と指の間隔を広げたり縮めたりすることで画面表示を拡大/縮小)したり、タップ(画面を叩くようにしてアイコンを選択)したり、指先の動きで自由に操作できます。

もう1つは加速度センサー。たとえばカーレースのゲームでは、本体を車のハンドルのように持ち、傾けたり、回転させたりして直感的に操作できますからエキサイティングに感じます。

また、iPod touchはポータブルデバイスですから、ポケットやバックパックに入れて持ち運べ、いつでもどこでも楽しむことができるのです。特に最新の第2世代iPod touchは、(従来モデルに比べて本体がスリムとなり、背面が)ステンレスで丸みを帯びたデザイン。最高の出来です。

——従来モデルと異なり、第2世代iPod touchではスピーカーを内蔵し、音量調節ボタンを搭載していますが?

(イヤホン/ヘッドホンを使わず)サウンドを楽しめますから、ゲームがよりいっそうおもしろいものになるでしょう。

——3.5型液晶ディスプレイの大きさもiPod touchの特徴では?

美しい3Dグラフィックスで映像を楽しんでいただけるはずです。

——では、アップストアのソフトとしての特徴は?

(アプリの数は)1,500以上の豊富なラインアップですし、価格帯もリーズナブルで無償のゲームも用意しています。しかも、いつでもどこでアップストアにアクセスしてダウンロードすれば、ゲームを楽しむことができます。従来のゲーム機のようにわざわざお店に行ってソフトを買う必要がないのです。

——ゲーミングのプラットフォームとして、従来のゲーム機とiPod touchの違いは?

アップストアは現在、世界62ヵ国でサービスを展開しています。ですのでデベロッパー(ゲームの開発者)としては、自ら開発したゲームが世界に配布される点でモチベーションが高まります。

また、マルチタッチインターフェースや加速度センサーによってさまざまな操作が可能となっています。ボタン操作に限られることがありませんので、デベロッパーとしては他のゲーム機にはないiPod touchならではゲームを開発できるのです。

——iPod touchとアップストアの革新性とは?

iPod touchでは、従来のゲーム機にはありえなかったことが可能となります。それはゲームをアップグレードし、絶えず進化させていくことができる点です。デベロッパーはゲーム内容やレベルなどを変えられるのです。

——つまりあとは、アップグレードされたアプリを、ユーザーがアップストアからダウンロードするだけということですね。たとえばサッカーゲームで、実際にナショナルチームの代表ユニフォームのデザインが変更された場合、ゲームにおいてもその変更に対応することができるということ?

はい。アップグレードされればもっとおもしろいゲームができるようになるのです。

——現時点で1,500以上のアプリがラインアップされていますが、ゲーミングのプラットフォームとしてはスタートしたばかり。

これから進化していくのがアップストアとiPod touchなのです。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top