KDDI、京都放送など5団体、東映太秦映画村−秋葉原でスポットワンセグサービスの実験開始 | RBB TODAY

KDDI、京都放送など5団体、東映太秦映画村−秋葉原でスポットワンセグサービスの実験開始

 ITコンソーシアム京都、京都放送(KBS京都)、FM京都、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)、KDDIの5社は共同で、10月18日〜19日に京都 東映太秦映画村で開催される『太秦戦国祭り』において、スポットワンセグサービスの実験を実施する。

エンタープライズ モバイルBIZ
実験システム構成
  • 実験システム構成
 ITコンソーシアム京都、京都放送(KBS京都)、FM京都、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)、KDDIの5社は共同で、10月18日〜19日に京都 東映太秦映画村で開催される『太秦戦国祭り』において、スポットワンセグサービスの実験を実施する。

 『太秦戦国祭り』にちなんだオリジナル映像を、実験局を設置した京都 東映太秦映画村と、東京 秋葉原DearStage DEMPAビル店の2拠点で同時に放映するというもの。

 KDDIが開発した「ワンセグ・IP/RF変換技術」を用いることで、IPネットワーク経由で送付したワンセグ放送ファイルを地上デジタル放送規格に準拠したワンセグ信号へ変換し、遠隔地である東京秋葉原での同時提供を可能にするとのこと。

 京都 東映太秦映画村と東京秋葉原を相互リンクし、『太秦戦国祭り』のイベント情報を受信する待受アプリと連動させることで、スポットワンセグサービスへのアクセシビリティを向上させ、同サービスのイベントツールとしての有用性を検証するのが狙いだ。なお、イベント当日は、立命館大学映像学部と京都嵯峨芸術大学の学生による記録班が、イベント会場の模様やステージ裏でのスペシャルインタビューなどを収録・編集し、その日の内にスポットワンセグサービスを行う予定となっている。

 また同実験に連動して、12日〜19日の間、「スポットワンセグ」と、外出先で視聴したスポットワンセグの続き映像を自宅などのパソコンで引き続き視聴できる「続きリンク」という2つの技術を利用した、スポットワンセグサービスの視聴実験も行われる。実験参加者は、私有のワンセグ対応携帯電話を使って、実験会場となる京都東映太秦映画村、および、東京 秋葉原でしか見られない専用番組を視聴することができ、帰宅後にパソコンで続き映像やプレゼント応募などを楽しむことができるとのこと。

 これら実験の実施にあたっては、京都での実験の企画・コーディネートをITコンソーシアム京都が、京都での技術サポートをKBS京都とFM京都が、システム全体の技術開発・運営をKCCSが、遠隔地におけるIP/RF変換技術の提供をKDDIがそれぞれ担当した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top