月周回衛星「かぐや」、地球が月から昇る「満地球の出」2回目のハイビジョン撮影 | RBB TODAY

月周回衛星「かぐや」、地球が月から昇る「満地球の出」2回目のハイビジョン撮影

エンタメ その他

2回目のハイビジョン「満地球の出」
  • 2回目のハイビジョン「満地球の出」
  • 連続写真
  • 「満地球の出」撮影タイミング:月面からは常に同じ面が地球を向いているので、「地球の出入り」を観測することは不可能だが、月面を周回する「かぐや」からは年2回観測することができる
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)および日本放送協会(NHK)は10日、月周回衛星「かぐや(SELENE)」からハイビジョンカメラ(HDTV)による「満地球の出」の動画を撮影したことを発表した。

 日本時間9月30日に高度約100kmの月周回観測軌道上で撮影されたもので、4月6日に撮影した動画に次いで今回で2回目となる。地球全体が月から昇るように見える「満地球の出」だが、月−地球−太陽−「かぐや」の軌道が一直線に並ぶタイミングでしか撮影できず、年に2回のみの貴重な映像となる。撮影は、「かぐや(SELENE)」に搭載されたNHK開発の宇宙仕様のハイビジョンカメラ(HDTV)によって行われ、動画をJAXAにて受信、その後、NHKにおいてデータ処理が行われた。

 今回撮影された「満地球の出」は、日本を含むユーラシア大陸からヨーロッパ・アフリカを含む地域が撮影範囲に含まれており、ユーラシア大陸、オーストラリアをはっきり見ることはできたが、日本には秋雨前線と台風の雲がかかり、はっきりと見ることができなかったという。

 ハイビジョン望遠カメラによる映像「満地球の出」(解像度:480×270px)、ハイビジョン広角カメラによる映像「満地球の入り」(解像度:480×270px)、ハイビジョンカメラによる映像「満地球の出・入り」(解像度:1280×720px)の動画が公開中で、無料視聴可能だ。なお1280×720の高解像度動画の視聴には、専用のソフトウェア(Windows XP/Vista用)のインストールが必要となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top