ハーマン、iPhone 3G/iPod用の円盤型ポータブルスピーカーなど | RBB TODAY

ハーマン、iPhone 3G/iPod用の円盤型ポータブルスピーカーなど

 ハーマンインターナショナルは、Dockコネクタ搭載のiPhone 3G/iPod用スピーカーを10月中旬に発売する。円形および横長デザインの2モデルを用意。予想実売価格は、円形デザインの「JBL on station IIIP」が25,000円。横長デザインの「JBL on Station 200iD」は22,000円。

IT・デジタル その他
JBL on station IIIp
  • JBL on station IIIp
  • JBL on station 200iD(ブラック)
  • JBL on station 200iD(ホワイト)
 ハーマンインターナショナルは、Dockコネクタ搭載のiPhone 3G/iPod用スピーカーを10月中旬に発売する。円形および横長デザインの2モデルを用意。いずれも価格はオープンで、予想実売価格は、円形デザインの「JBL on station IIIP」が25,000円。横長デザインの「JBL on Station 200iD」は22,000円。

 今回発表された2製品はいずれも、JBLブランドのiPhone 3G/iPod用スピーカー。本体天面にクレードル型のDockコネクタを装備し、第4世代以降のiPodおよびiPhone 3Gを接続して楽曲再生や充電が可能。付属リモコンによりiPodの再生/停止、メニュー操作などを行える。また、背面にはステレオミニ端子を搭載しており、iPod以外のポータブルオーディオプレーヤーなども接続して利用できる。2製品共通の仕様として、大音量時でも歪みの少ないサウンドを再生するという「OCT(Optimized Compression Topology)」回路をを搭載する。

 JBL on station IIIpは、ACアダプタおよび単3形電池で駆動するポータブルタイプ。円盤状のボディに25mm径のネオジウムドライバー「Odyssey」×4基を内蔵。最大出力は10W×2chで、再生周波数帯域は70Hz〜20KHz。本体サイズは直径190×高さ50mmで、重さは510g。

 JBL on station 200iDは、横長ボディに35mm径のフルレンジユニット「Phoenix」×2基を内蔵。最大出力は10W×2chで、再生周波数帯域は40Hz〜20KHz。本体サイズは幅360×高さ67×奥行き111mmで、重さは650g。本体カラーはブラックおよびホワイトの2色を用意する。
《花》

関連ニュース

特集

page top