マイクロソフト、ゲームに最適な操作性と耐久性を持つUSB接続のレーザー方式9ボタンマウス | RBB TODAY

マイクロソフト、ゲームに最適な操作性と耐久性を持つUSB接続のレーザー方式9ボタンマウス

 マイクロソフトは16日、9ボタンを搭載するレーザー方式のUSB接続ゲーミングマウス「Microsoft SideWinder X5 マウス(マイクロソフト サイドワインダー X5 マウス)」を発表。10月3日に発売する。価格は6,600円。

IT・デジタル ノートPC
Microsoft SideWinder X5 マウス
  • Microsoft SideWinder X5 マウス
  • 側面
 マイクロソフトは16日、9ボタンを搭載するレーザー方式のUSB接続ゲーミングマウス「Microsoft SideWinder X5 マウス(マイクロソフト サイドワインダー X5 マウス)」を発表。10月3日に発売する。価格は6,600円。

 同製品は、センサー部に1秒間で最大7,080回スキャンする高性能レーザーセンサーを採用したUSB接続マウス。2,000dpiレーザートラッキングエンジンを備え、従来の光学式センサー以上の読み取り精度を持つ。本体中央にある3つのボタンで解像度を変更可能。ポインタの感度を高/中/低(200〜2,000dpiまで)の3段階で瞬時に切り替えられる。

 ホイールを含む5つのボタンは、頻繁に使う機能の割り当てが可能。付属ソフトウェアを利用すれば、マクロを作成して割り当てることもできる。上下垂直に配置したサイドボタンは、位置がわかりやすく誤操作を減らせられるという。また、メインボタンの耐久性は10,000,000 回クリックとしている。

 対応OSはWindows Vista/XP。本体サイズは幅77.7×高さ40.9×奥行き1298mm。重さは162g。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top