シュノーケリングや海中観察に最適! 300万画素カメラ付き水中マスク | RBB TODAY

シュノーケリングや海中観察に最適! 300万画素カメラ付き水中マスク

 ハンファ・ジャパンは8日、水中マスクにカメラ/ビデオカメラ機能を搭載した「300万画素カメラ付き水中マスク」(UDCM301)を発売した。同社直販サイト限定販売で、価格は12,800円。

IT・デジタル デジカメ
300万画素カメラ付き水中マスク
  • 300万画素カメラ付き水中マスク
  • 利用イメージ
  • USB/MicroSD挿し込み部
  • パネル部
 ハンファ・ジャパンは8日、水中マスクにカメラ/ビデオカメラ機能を搭載した「300万画素カメラ付き水中マスク」(UDCM301)を発売した。同社直販サイト限定販売で、価格は12,800円。

 同製品は、中央部に300万画素CMOSセンサのカメラを備えた水中マスク。水深5mまでの防水加工を施したカメラと水中マスクが一体型となっており、両手を解放したままの水中撮影が可能。静止画/動画の撮影モードに対応し、使用状態確認用LCDパネルとLEDも搭載。LCD部ではバッテリ残量/撮影済み枚数/撮影モードを表示し、LED部では動画モードが青色灯、動画撮影中が青色滅、静止画モードは赤色灯で確認できる。

 16MBのフラッシュメモリを内蔵するほか、最大2GBのMicroSDカードが利用できるカードスロットと、USB1.1端子を搭載。長時間の動画撮影にも余裕があり、撮影データをPCに移動することも可能となっている。

 記録モード/解像度は、動画がMotionJPEG(AVI)/640×480ピクセル、静止画はJPEG/2,048×1,536ピクセル。バッテリは単4形乾電池×2本、バッテリー持続時間は録画モード利用時で約30分(ニッケル水素電池使用時)。対応OSはWindows Vista/XP。本体の重さは300g。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top