ジュニパー、WAN遅延の影響を受けやすいアプリを高速化するWAN最適化プラットフォーム3機種 | RBB TODAY

ジュニパー、WAN遅延の影響を受けやすいアプリを高速化するWAN最適化プラットフォーム3機種

 ジュニパーネットワークスは16日、同社のWAN最適化プラットフォーム「WXCシリーズ」の新製品として、中小規模事業所向けの「WXC1800」、事業所・小規模データセンター向け「WXC2600」、本社・拠点・データセンター向け「WXC3400」を発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
WXC1800
  • WXC1800
  • WXC2600
  • EXC3400
 ジュニパーネットワークスは16日、同社のWAN最適化プラットフォーム「WXCシリーズ」の新製品として、中小規模事業所向けの「WXC1800」、事業所・小規模データセンター向け「WXC2600」、本社・拠点・データセンター向け「WXC3400」を発表した。価格はいずれもオープン。

 WXCシリーズは、パケット・フロー・アクセラレーション技術(PFA)によるTCPアクセラレーションとアプリケーション単位の高速化処理技術(AppFlow)によって、MAPI、CIFS、HTTPなど、WAN遅延の影響を受けやすいアプリケーションのパフォーマンスを高速化するほか、QoS、コンテンツ配信、ポリシーベースマルチパス(経路最適化)などの機能を搭載した製品。ネットワークシーケンスキャッシング技術(NSA)により、シーケンスをキャッシュメモリに格納してナレッジベースを構築するため、見覚えのあるトラフィックシーケンスを見つけると、繰り返しパターンとみなして、ラベルで置き換えることでWAN回線上のデータ・トラフィックを削減する機能も用意されている。さらに、外部電源ユニット、ハードディスクドライブ、ファンをユニットごと交換可能な「Field Replaceable Unit」に収納しているため、簡単に現場で交換でき、メンテナンス性も向上している。

 1RUサイズのWXC1800は、最大圧縮容量2Mbps、トンネル数10、Fast Ethernetポート数2、ハードディスク容量80GB。

 1RUサイズのWXC2600は、最大圧縮容量8Mbps、トンネル数20、Gigabit Ethernetポート数2、ハードディスク容量250GB。

 2RUサイズのEXC3400は、最大圧縮容量45Mbps、トンネル数140、Gigabit Ethernetポート数2、ハードディスク容量1TB。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top