富士通、デジタル家電向け低消費電力メモリ 256メガビットFCRAM——約70%の削減 | RBB TODAY

富士通、デジタル家電向け低消費電力メモリ 256メガビットFCRAM——約70%の削減

 富士通マイクロエレクトロニクスは26日、デジタル家電向け低消費電力メモリとして、システムインパッケージに最適な256メガビット容量のコンシューマFCRAM「MB81EDS256545」のサンプル出荷を開始した。

エンタープライズ その他
「MB81EDS256545」
  • 「MB81EDS256545」
  • 本製品の消費電力(DDR2 SDRAMとの比較例)
  • 本製品のSiP化のメリット
 富士通マイクロエレクトロニクスは26日、デジタル家電向け低消費電力メモリとして、システムインパッケージに最適な256メガビット容量のコンシューマFCRAM「MB81EDS256545」のサンプル出荷を開始した。サンプル価格は1,000円。

 MB81EDS256545は、64ビットのバス幅とLow Power DDR SDRAMインターフェイスにより、16ビットのバス幅のDDR2 SDRAM 2個分と同等のデータ転送能力を実現しながらも、約70%にあたる最大約1ワットの消費電力を削減したもの。同社では、デジタルテレビやデジタルビデオカメラなど、低消費電力化を必要とするデジタル家電向けに汎用RAMの置き換えを提案していくとしている。

 同社では、月刊100万個の販売目標を立てている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top