テレビ佐世保、ソフトバンクテレコムの固定電話サービス「ケーブルライン」の営業を開始 | RBB TODAY

テレビ佐世保、ソフトバンクテレコムの固定電話サービス「ケーブルライン」の営業を開始

 九州テレ・コミュニケーションズとソフトバンクテレコムは29日より、長崎県佐世保市において、固定電話サービス「ケーブルライン」の営業を開始した。

ブロードバンド その他
ケーブルライン概要図
  • ケーブルライン概要図
 九州テレ・コミュニケーションズとソフトバンクテレコムは29日より、長崎県佐世保市において、固定電話サービス「ケーブルライン」の営業を開始した。

 「ケーブルライン」は、九州テレ・コミュニケーションズのケーブルテレビサービスであるテレビ佐世保の通信ネットワークを活用したサービスで、CATV/インターネット/電話の、いわゆるトリプルプレイが利用可能となる。

 「ケーブルライン」には、現在の加入電話番号(0AB〜J番号)と電話機を変えることなく移行可能で、テレビ佐世保の加入者同士(0AB〜J番号)との無料通話が可能なほか、BBフォン・BBフォン光ユーザとの無料通話も可能とのこと。

 なおテレビ佐世保は、既存のCATV通信設備「HFC」(Hybrid Fiber Coax)を活用してサービスを提供するとのことで、「ケーブルライン」においてはテレビ佐世保が「HFC」でサービス提供を開始する初めてのCATV事業者となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top