新日鉄、オラクル、デル、仮想化技術を用いたITインフラ最適化ソリューション | RBB TODAY

新日鉄、オラクル、デル、仮想化技術を用いたITインフラ最適化ソリューション

エンタープライズ その他

 新日鉄ソリューションズ、日本オラクル、デルの3社は、ITコスト削減、運用効率の向上、変化への対応力強化などの顧客課題を解決するため、仮想化技術を用いたITインフラ最適化ソリューションを6月2日より提供する。

 同ソリューションは、日本オラクルのサーバ仮想化製品「Oracle VM」を軸に、サーバ・ストレージに加え、データベース、ミドルウェアも含むITインフラ全体を仮想化の対象としたもの。新日鉄ソリューションズが、サーバ・ストレージ、データベース、仮想化ソフトウェアを含むミドルウェアといったITインフラ全体に対し、コンサルティングから設計、構築、運用設計、保守、ベンダーエスカレーションにいたるまで、システムライフサイクル全般をワンストップでサポートするだけでなく、新日鉄ソリューションズ独自の仮想化技術検証センター「NS Solutions Virtualization Technology Center(NSVTC)」において、ベンダー認証の製品群・構成を対象に実運用を意識した検証を実施する。また、Oracle VM、デルのサーバ・ストレージ、新日鉄ソリューションズのNSVTCにて蓄積された運用設計を含むベストプラクティスを活用する。

 具体的なソリューションは、ベンダーによる動作保証を受けた構成による開発・検証環境向け実証済みソリューションパッケージ、既存環境のアセスメントサービス、POC(Proof Of Concept)サービス、エンジニアリングサービスなどが提供される。価格はそれぞれ2,000万円から、300万円から、100万円から、未定。

 3社は、初年度5億円、3年後に20億円を売り上げ目標としている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top