パイオニア、高性能カーナビのデータ管理基盤に日立の組込DB「Entier」を採用 | RBB TODAY

パイオニア、高性能カーナビのデータ管理基盤に日立の組込DB「Entier」を採用

 日立製作所は12日、同社の組込データベース「Entier」が5月下旬発売のパイオニアのカーナビゲーション「サイバーナビ」のデータ管理基盤に採用されたと発表した。

エンタープライズ その他
「Entier」搭載のパイオニア「サイバーナビ」新製品
  • 「Entier」搭載のパイオニア「サイバーナビ」新製品
 日立製作所は12日、同社の組込データベース「Entier」が5月下旬発売のパイオニアのカーナビゲーション「サイバーナビ」のデータ管理基盤に採用されたと発表した。

 サイバーナビはパイオニアの「カロッツェリア」ブランドのハイエンドモデル。日立製作所と日立ソフトウェアエンジニアリングが共同開発したEntierは、施設情報データに付加した位置情報からの検索を高速にする「空間検索機能」や施設名をキーワードで区切って複数能文文字列に分け、正式名称とともに事前にデータベースへ登録しておくことにより、施設名の途中の文字や情報の一部分だけでも希望の目的地を検索できる「繰り返し列機能」を搭載している。パイオニアでは、頻繁に更新される膨大な施設データの鮮度を保つことと検索操作時などにおける使い勝手を向上させることを目的としてEntierを採用した。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top