NTT、高速・高ロバスト性を持つ音楽・映像コンテンツ照合技術「ロバストメディア探索技術」 | RBB TODAY

NTT、高速・高ロバスト性を持つ音楽・映像コンテンツ照合技術「ロバストメディア探索技術」

 NTTは22日、音や映像の特徴同士を照合することにより、インターネット上の投稿コンテンツなどの音・映像クリップの中にあらかじめ登録された特定の音楽や映像が含まれるかを高速に検出できる「ロバストメディア探索技術」を発表した。

エンタープライズ その他
ロバストメディア探索技術の説明
  • ロバストメディア探索技術の説明
  • ロバストメディア探索技術の工夫点
  • 実証実験の構成
 NTTは22日、音や映像の特徴同士を照合することにより、インターネット上の投稿コンテンツなどの音・映像クリップの中にあらかじめ登録された特定の音楽や映像が含まれるかを高速に検出できる「ロバストメディア探索技術」を発表した。

 ロバストメディア探索技術は、音の波形値や映像の画素値を元に特徴データと呼ばれる数値を抽出する特徴抽出部と特徴抽出部で抽出された特徴データを高速に照合する特徴照合部から構成され、特徴抽出部において映像中から特徴的な部分だけを選択して数値化する工夫と特徴照合部においてこれら数値の一貫性を考慮しながら照合する工夫を行ったことで、音や映像の信号に別の音の重なり、テロップなどの重なり、音質や画質の劣化、編集や加工といった様々な変化が加わっても精度良く元のコンテンツを特定できるのが特徴だ。また、新開発の時間整合性フィルタ技術で特徴データのサイズを圧縮することにより、特徴照合部の処理の大幅な高速化を実現している。

 また、米・BayTSPと共同でインターネット上の投稿サイトやブログサイトで使用された音楽や映像コンテンツのタイトルを特定する実証実験を4月22日(米国時間)から9月30日まで実施する。同実証実験では、NTTの「ロバストメディア探索プラットフォーム」とBayTSPの「コンテンツ認識プラットフォーム」を結合し、ロバストメディア探索プラットフォームからはコンテンツ特定機能、コンテンツ認識プラットフォームからはインターネット上からのファイルの収集やコンテンツ特定結果の分析処理などの機能を提供し、1日あたり数千件から数万件規模のファイルに対して、データベースとの照合を行うことを予定している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top