富士通、天然素材使用のコンセプトデザインPCをJAPAN DESIGN 08に出品 | RBB TODAY

富士通、天然素材使用のコンセプトデザインPCをJAPAN DESIGN 08に出品

 富士通は11日、天然素材使用のコンセプトデザインPCを4月16日から20日までイタリア・ミラノで開催される「JAPAN DESIGN 2008 -INNOVATION-」展に出品する。

IT・デジタル ノートPC
WoodShell
  • WoodShell
  • WoodShellの天板
  • FMV-BIBLO NX95Y/D
 富士通は11日、天然素材使用のコンセプトデザインPCを4月16日から20日までイタリア・ミラノで開催される「JAPAN DESIGN 2008 -INNOVATION-」展に出品する。

 同展示会では、自動車や家電、情報関連機器、生活用品など日本の主要な産業分野から15社が参加。各社の製品や試作品の展示を通じて、ジャパンデザインをミラノから世界へ発信するというもの。

 今回、富士通が出品するのはPCの素材に杉の間伐材を採用したコンセプトデザインPC「WoodShell」と、筐体の約3割に植物性プラスチックを使ったノートPC「FMV-BIBLO NX95Y/D」。

 両モデルとも、「製品を単なる道具でなく愛着を持ち、長く使用することを考慮した、人と環境に優しい」というコンセプトデザインPCの試作品だ。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top