マイクロソフト、IT資産運用管理支援プラグイン「Visio IT資産見える化ツール」を無償提供 | RBB TODAY

マイクロソフト、IT資産運用管理支援プラグイン「Visio IT資産見える化ツール」を無償提供

エンタープライズ その他

「Visio IT資産見える化ツール」(VIViD)の概要
  • 「Visio IT資産見える化ツール」(VIViD)の概要
  • 「Visio IT資産見える化ツール」分析例
  • ソフトウェア資産管理フロー図(ASSIST+Visio IT 資産見える化ツール)
 マイクロソフトは24日、企業におけるIT資産運用管理の効率化を支援する「Microsoft Office Visio Professional 2007」用アドインツール、「Visio IT資産見える化ツール」の無償提供を開始した。

 Visio IT資産見える化ツールは、既存のExcelファイル形式のインストール台帳、ライセンス台帳、ハードウェア台帳を読み込んでIT資産を自動的に図解し、ドリルダウン形式でレポートを作成することでIT運用管理者の業務を効率化するというもの。台帳のような膨大なデータを組織、フロア毎に階層化し、課題ごとに色分けすることで、直観的に状況を把握できるようにするほか、資産管理に関わる複数部署間の円滑なコミュニケーションを実現している。

 台帳から試用しているライセンスと保有しているライセンスの紐付管理がされていないPCを特定できるほか、リース期間切れが迫っているPCを特定できる。また、設置日時の情報に基づき、長期に使用されているPCを特定し、ハードウェア利用状況の可視化が可能だ。さらに、台帳情報を持っていない場合はMicrosoft System Center製品群を利用してインベントリ情報の管理を行う資産・障害管理支援ツール「ASSIST(Asset and Incident Management Support Tool)」も利用できる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top