三菱、 コントラスト向上した液晶テレビ「REAL」シリーズ——DIAMOND Panel採用 | RBB TODAY

三菱、 コントラスト向上した液晶テレビ「REAL」シリーズ——DIAMOND Panel採用

IT・デジタル テレビ

MZWシリーズ
  • MZWシリーズ
  • MXシリーズ
 三菱電機は18日、同社独自のDIAMOND Panel採用でコントラストが向上したフルHD対応液晶テレビ「REAL」シリーズの新モデル「52MZW100」「46MZW100」「40MZW100」を発表。5月10日に発売する。52V型/46V型/40V型を用意。価格はオープンで、予想実売価格は500,000円、400,000円、300,000円前後。

 MZWシリーズは、独自の光沢処理パネルの新「DIAMOND Panel」、DIATONE音響技術などを採用した3波チューナー搭載フルHD対応液晶テレビ。コントラストが従来比50%向上したことで、深みと奥行きのある色再現で被写体の持つ質感を忠実に再現する。

 デザインで映像をより一層浮き立たせる「スリムフレーム」を採用。また、リモコンで操作できる画面の「オートターン」機能で、ベストな視聴ポジションを実現する。

 フルHD液晶テレビ向け高画質回路「DIAMOND Engine PROII」を搭載。毎秒120枚の映像で表示する「倍速ピクチャー」機能が残像感を軽減するほか、広色域を高階調で処理するため色鮮やかできめ細かい映像が可能だ。

 内蔵のスピーカーで5.1chサラウンドの音場を再現する「DIATONEサラウンド5.1」機能を装備。また、ヘッドホンでも5.1chサラウンド効果を楽しめる「DIATONEサラウンドHEADPHONE」機能で、テレビ単体だけでも迫力ある音を再現する。 

●MZW共通仕様
解像度:1,920×1,080ピクセル
コントラスト:3,000:1
視野角:上下左右178度
アスペクト比:16:9
インターフェース:HDMI×2/D4×2/デジタル音声/Ethernetなど
スピーカー出力:10W×2

 また、スリム&コンパクトデザインが特徴のMXシリーズの32V型「32MX10」と20V型「20MX10」のハイビジョン液晶テレビを同時に発表。同日発売。20V型はブラック、シルバー、ピーチの3カラーを用意。価格はオープンで、予想実売価格は140,000円、90,000円前後。

 32V型は、テレビフレームやスピーカー部のスリム化により、従来モデル「LCD-H32MX70」に比べ設置面積(幅×高さ)で約15%減のコンパクト化を実現。また、HDMI端子接続で、同社製Blu-rayレコーダーやDVDレコーダーをテレビのリモコンボタンで操作できる「REALINK」機能を搭載する。

 解像度は1,366×768ピクセル。アスペクト比は16:9。インターフェース:HDMI×2/D4×2/デジタル音声/Ethernetなど。スピーカー出力は32MXが10W×2、20MX10が5W×2。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top