フリースケール、自動車市場向けマイクロコントローラの出荷数1億個を達成 | RBB TODAY

フリースケール、自動車市場向けマイクロコントローラの出荷数1億個を達成

エンタープライズ その他

MPC5567:車載ネットワークで従来のネットワーク技術の10倍の帯域幅を可能にする、FlexRayに対応した業界初のFlashメモリ搭載32ビット・マイクロコントローラ
  • MPC5567:車載ネットワークで従来のネットワーク技術の10倍の帯域幅を可能にする、FlexRayに対応した業界初のFlashメモリ搭載32ビット・マイクロコントローラ
  • MPC5510:コスト重視のボディ制御向けに設計された、フリースケール初のデュアル・コアの車載用マイクロコントローラ・ファミリ
 フリースケール・セミコンダクタは10日に、32ビットPower Architectureマイクロコントローラが出荷数1億個を達成したことを発表した。Power Architectureマイクロコントローラは、クラッチ、トランスミッション、デファレンシャルギアなどの、いわゆる「パワートレイン」の電子制御を行う車載用製品。

 フリースケールは、1999年にPower Architectureによる業界初の車載用マイクロコントローラである「MPC500」ファミリを開発し発表。2004年にフリースケール最初の車載アプリケーションに合わせて最適化された論理合成可能なシステム・オン・チップ(SoC)デバイスである「MPC5500」マイクロコントローラ・ファミリを発売。現在までに大手OEMメーカおよび世界の主要な自動車メーカーに、500万個以上の「MPC5500」マイクロコントローラを出荷している。たとえばゼネラル・モーターズは、ハイブリッド・システムを含むGMのパワートレイン・エンジン制御システムへのPower Architectureマイクロコントローラの導入を世界規模で行っている。

 フリースケールEMEA(Europe, Middle East & Africa)およびグローバル・オートモーティブ・マーケティング責任者であるデニス・グリオットは、「フリースケールにとって自動車技術は非常に重要な分野であり、研究開発へ注力し常に拡充を行っています。実際に、車載用マイクロエレクトロニクスは半導体市場全体の1%0%にも足りませんが、フリースケールの製品ポートフォリオの30%は現在の自動車アプリケーションを支える原動力となっています。」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top