ミッキー・ローク主演でおくる、危険なラブゲーム「蘭の女」 | RBB TODAY

ミッキー・ローク主演でおくる、危険なラブゲーム「蘭の女」

エンタメ その他

蘭の女
  • 蘭の女
 ブロードバンド放送「GyaO」の「ハリウッド・シアター」では、ミッキー・ローク主演でおくる、危険なラブゲームを描いた「蘭の女」を配信中。配信期間は4月1日正午まで。

 「蘭の女」は、官能作品「ナインハーフ」の脚本家のザルマン・キングと、主演のミッキー・ロークのコンビがおくる、歪んだ愛を描いた作品。仕事に生きる真面目な弁護士・エミリーが、仕事で訪れた情熱的な街・リオで謎の男・ウィラーと出会い、次第に自分の中の欲望をさらけ出していく。出演はミッキー・ローク、キャリー・オーティス、ジャクリーン・ビセットほか。

 若く真面目な弁護士・エミリーは、女実業家・クラウディアと共にブラジルのリオを訪れる。そこで謎の男・ウィラーと出会ったことから、南国の空の下、2人の妖しくも危険な駆け引きが始まる。
《井藤祥子》

関連ニュース

特集

page top