富士通BSC、ゲートウェイ型メール暗号化ソフト「FENCE-Mail For Gateway」を発売 | RBB TODAY

富士通BSC、ゲートウェイ型メール暗号化ソフト「FENCE-Mail For Gateway」を発売

エンタープライズ その他

FENCE-Mail For Gateway
  • FENCE-Mail For Gateway
 富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)は、情報セキュリティソフト「FENCE」シリーズの新製品として、ゲートウェイ型のメール暗号化製品「FENCE-Mail For Gateway」を2月29日に発売する。同製品の導入により、メール利用者が意識することなく全ての添付ファイルを自動的に暗号化することができるという。

 「FENCE-Mail For Gateway」を経由したメールを自動的に自己復号形式のファイルに暗号化する。暗号化方式はAESを採用。メール受信者は暗号化された自己復号形式ファイルを、メール送信者から通知されたパスワードにより復号することができる。メール受信者側にはソフトウェアのインストールは不要。また、ZIP方式で暗号化することもできるため、受信者の環境により暗号化方式を選択することができるとしている。

 暗号化に利用するパスワードの生成方法は、ランダムパスワード、固定パスワード、時間単位パスワードから選択可能。販売価格は、最小構成価格(〜100メールアカウント)で500,000円(税込み)。1年間で100企業への販売を目標としている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top