美しい4姉妹による家族の愛と葛藤を描いた「ママが泣いた日」 | RBB TODAY

美しい4姉妹による家族の愛と葛藤を描いた「ママが泣いた日」

エンタメ その他

ママが泣いた日
  • ママが泣いた日
  • ママが泣いた日
 ブロードバンド放送「GyaO」の「映画ch」では、ジョアン・アレンとケビン・コスナーがおくる「ママが泣いた日」の配信を開始した。配信期間は3月8日正午まで。

 「ママが泣いた日」は、父親がある日突然失踪し、行き場のない怒りを家族にぶつける母親と、そんな母親の姿に戸惑う4姉妹が繰り広げる愛と葛藤の家族ドラマ。

 母親役にはアカデミー賞に3度ノミネートされているジョアン・アレン、4姉妹にはエリカ・クリステンセンほか、期待の若手女優が出演。さらに、密かに母を慕う隣人をケビン・コスナーが演じる。監督は、「再会の街で」「マイノリティ・リポート」ほか、多くの作品で監督・出演をこなすマイク・バインダー。

 ある日、夫の不在に気がついたテリーは、若い秘書と駆け落ちしたと思い込む。優しく良い母だったテリーは酒に溺れ、4人の娘たちに八つ当たりを繰り返し、母子関係にも亀裂が入り始める。そんなテリーの前に、隣人で元メジャーリーガーのデニーが現れ……。
《井藤祥子》

関連ニュース

特集

page top