ビクター、倍速ドライバーで残像感をおさえる3波対応32V型ハイビジョン液晶テレビ | RBB TODAY

ビクター、倍速ドライバーで残像感をおさえる3波対応32V型ハイビジョン液晶テレビ

IT・デジタル テレビ

LT-32LC305
  • LT-32LC305
 日本ビクターは5日、倍速ドライバーで120 コマ/秒の表示により動きの速い映像に強い3波対応32V型ハイビジョン液晶テレビ「LT-32LC305」を発表。2月下旬に発売する。カラーはブラックとシルバーを用意。価格はオープンで、予想実売価格は200,000円前後。

 同製品は、W-XGA(1,366×768ピクセル)モデルでありながら、フルHD(1,920×1,080画素)倍速モデル用に開発した画像処理エンジン「倍速GENESSA」を搭載したハイビジョン液晶テレビ。通常の2倍のコマ数の1秒あたり120コマのハイビジョン映像(W-XGA)を実現するという。

 そのほか、ボタンひとつで映像内容や明るさに応じて好みの画質と音質を設定できる「明/ 暗ボタン」 や、目にやさしく、環境にも配慮した省電力機能「エコセンサー」などを装備する。

 輝度は500cd/m2、インターフェースはHDMI×3/D4/Ethernet/光デジタル音声など。本体サイズは幅80×高さ59.2×奥行き24.5cm、重さは14.6kg 。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top