NTT西日本、リアルタイムで遠隔地にバックアップを行う「遠隔データ保管ソリューション」 | RBB TODAY

NTT西日本、リアルタイムで遠隔地にバックアップを行う「遠隔データ保管ソリューション」

ブロードバンド その他

構成およびソリューションイメージ図
  • 構成およびソリューションイメージ図
 西日本電信電話(以下、NTT西日本)は自然災害などにより企業の顧客データや取引情報等の重要データの消失を防ぐため、中堅中小企業向けに「遠隔データ保管ソリューション」を発表。2月6日から提供を開始する。

 同ソリューションはネットワークの混雑具合に応じた転送側の制御によって、リアルタイムなデータ転送を可能にする技術を採用し、ベストエフォートのフレッツ光と組み合わせることにより、リアルタイムかつ低コストでバックアップを実現するとしている。バックアップ容量は、約500GBと約1TBの2種類を用意。 NTT西日本のデータセンタ内に設置した顧客の設備にデータをリアルタイムにバックアップし、サーバ等に対して24時間365日の監視を行う。概算費用は、ハードウェアが約500GBでリース契約期間が5年の場合、初期費用20.6万円から、月額費用14.4万円から。対称地域は、NTT西日本の営業エリアである西日本(富山県、岐阜県、静岡県以西の30府県)地域。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top