マイクロソフト、Windows Server 2008日本語版の価格体系を発表〜早期導入キャンペーンも実施 | RBB TODAY

マイクロソフト、Windows Server 2008日本語版の価格体系を発表〜早期導入キャンペーンも実施

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは25日、「Microsoft Windows Server 2008」日本語版の価格体系を発表した。

 Windows Server 2008の主なパッケージ製品の価格は以下の通り(すべて税別)。

・Windows Server 2008 Standard 日本語版 (5 CAL付)18万8,000円
・Windows Server 2008 Enterprise 日本語版(25 CAL付)  72万円
・Windows Web Server 2008 日本語版 8万5,800円
・Windows Server 2008 日本語版 5CAL 3万2,600円

 Windows Server 2008の主要ボリュームライセンス(すべて税別。Open Business L: 新規購入の場合)の価格は以下の通り。

・Windows Server 2008 Standard 日本語版 14万円
・Windows Server 2008 Enterprise 日本語版 45万4,000円
・Windows Server 2008 Datacenter 日本語版 46万3,000円
・Windows Server 2008 for Itanium-based Systems 日本語版 46万3,000円
・Windows Web Server 2008 日本語版 7万7,500円
・Windows Server 2008 日本語版 1CAL 5,500円

 また、Microsoft Windows Server 2008日本語版のボリュームライセンスの発売と同時にボリュームライセンス(Open License、およびSelect License)でWindows Server 2008サーバーライセンスおよびクライアントライセンス(CAL)をキャンペーン価格で提供する「Windows Server 2008早期導入キャンペーン」を実施することも明らかにされた。

 Windows Server 2008 日本語版ボリュームライセンスの発売開始から2008年9月末まで実施される「Windows Server 2008 Select/Openプログラムキャンペーン」適用例は以下の通り(すべてオープン価格、税別。Open Business L: 新規購入の場合)。

・Windows Server 2008 Standard 日本語版 13万円
・Windows Server 2008 Enterprise 日本語版 44万9,000円
・Windows Server 2008日本語版 1CAL 5,300円

 Windows Server 2008 日本語版ボリュームライセンスの発売開始から2008年8月末まで実施される「Windows Server 2008 CAL Open Valueプログラムキャンペーン」適用例は以下の通り(オープン価格、税別)。

・Windows Server 2008 CAL(License + Software Assurance: 3年契約) 7,800円
《富永ジュン》

特集

page top