CTCSP、Linuxサーバ市場にCDPソリューション「Double-Take」を投入〜リアルタイムのデータ複製ソフト | RBB TODAY

CTCSP、Linuxサーバ市場にCDPソリューション「Double-Take」を投入〜リアルタイムのデータ複製ソフト

エンタープライズ その他

 伊藤忠テクノソリューションズのグループ会社であるシーティーシー・エスピー(CTCSP)は25日より、リアルタイムデータレプリケーション&フェイルオーバーソフトウェア「Double-Take(ダブルテイク)」のLinux対応版「Double-Take for Linux」(型番:DT4-LINUX-B)の販売を開始した。

 「Double-Take」は、人為的ミスや停電、定期的メンテナンスなどによるサーバ障害に対応するCDP(Continuous Data Protection、継続的データ保護)ソリューション。高価な共有ストレージを必要とせず、短期間かつ安価でLinuxサーバの二重化や遠隔地へのリアルタイムデータレプリケーションが行える。具体的には、複製元(ソースサーバ)のデータを複製先(ターゲットサーバ)に対して転送する際に、ファイルブロックレベルの更新データのみを転送する非同期式の特許技術により、高速なデータ転送が可能となっている。またファイル、Web、メール、データベースなど、データの性質を問わずにレプリケーションが可能。とくにデータベースなどのトランザクション・ベースのアプリケーションデータをレプリケーションする場合は、「書込み順序保持機能」を用いて、ソースサーバで発生したトランザクションの発生順序を保ちながらターゲットサーバに転送し書込むことができる。

 サポートするOSは、Red Hat Enterprise Linux Ver.4 Update3 - Update6。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top