無線LANの電波で現在位置を推定して、マピオンに表示〜クウジット「PlaceEngine」 | RBB TODAY

無線LANの電波で現在位置を推定して、マピオンに表示〜クウジット「PlaceEngine」

エンタープライズ その他

PlaceEngine
  • PlaceEngine
 ソネットエンタテインメント(So-net)の子会社であるクウジットは23日より、サイバーマップ・ジャパンが提供する地図情報検索サービス「マピオン」に無線LANの電波で現在位置を推定する技術「PlaceEngine」の提供を開始した。

 Wi-Fiを搭載したノートパソコン等で、現在地を簡単にPC版マピオンの地図で表示することが可能となる。また現在地の情報を取得し、周辺情報データベースとマッチングすることで、マピオンに掲載されているレストラン、病院などのスポット詳細情報を受け取ることが可能となる。

 具体的には、「PlaceEngineクライアントソフト」を起動した状態でマピオントップページおよび地図ページにある「現在地を取得」ボタンをクリックすると、現在地点の地図を呼び出すことができる。もし「PlaceEngine」が現在位置を推定できなかったり、間違っていた場合は、その場で「位置を教える」ボタンをクリックして現在地を登録することで、次回からその場所をより正しく推定することが可能になる。利用者が登録していくことで対応エリアが広まり、位置推定の精度が向上するとのこと。

 「PlaceEngineクライアントソフト」はマピオンの紹介ページあるいは「PlaceEngine」公式サイトから無料ダウンロードが可能となっている。

 クウジット代表取締役社長の末吉隆彦氏は「衛星からのGPSを利用していませんので、室内や地下、広い展示会場などでも位置情報が取得できますし、フロア別の情報も表示することが可能です。当社では、パソコン利用に関し、現在位置に付随したサービスは未開拓の領域がまだまだ存在すると考えており、地図情報配信サービスでノウハウを持つ株式会社サイバーマップ・ジャパンの協力のもと、さらに新たな位置情報サービスの実現を目指していきたいと考えています。」とコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top