NEC、Vistaに対応した上肢障害者向けPC操作支援ソフト「オペレートナビEX(Ver3.0)」発売 | RBB TODAY

NEC、Vistaに対応した上肢障害者向けPC操作支援ソフト「オペレートナビEX(Ver3.0)」発売

エンタープライズ その他

上肢障害者向けパソコン操作支援ソフト「オペレートナビEX(Ver3.0)」
  • 上肢障害者向けパソコン操作支援ソフト「オペレートナビEX(Ver3.0)」
 NECならびにNECパーソナルプロダクツは11日より、上肢障害者向けパソコン操作支援ソフトウェア「オペレートナビEX」のWindows Vista対応版となる「オペレートナビEX(Ver3.0)」(PS-OP/NV30)の販売を開始した。

 「オペレートナビEX」は、上肢障害などでキーボードやマウスの使用が困難な場合でも、タッチスイッチや呼気スイッチなど障害状況に応じた入力スイッチを活用し、オンスクリーンキーボード(パソコン画面に表示された文字盤)でWindowsの操作を行うことを可能にする支援ソフトウェア。入力スイッチでマウスカーソルの操作や文字入力を可能とし、メールやインターネット、ワープロなどを利用することができる。また、作成した文を読み上げる機能も備えている。

 「オペレートナビEX(Ver3.0)」ではWindows Vistaに対応するとともに、オンスクリーンキーボードの色やフォントの種類、サイズを個々のキーごとに異なる色やサイズにカスタマイズ可能となっている。また、ユーザが必要とするアプリケーションソフトの一連の動き(マクロの実行)を、直接入力スイッチに設定することも可能となった。これによりオンスクリーンキーボードを介さず、スイッチのみでもキーボード操作が可能となり、アプリケーションソフトの特定の機能が必要な利用者の操作性が向上したという。

 なお「オペレートナビEX(Ver3.0)」の対応OSは、Windows Vistaのみ。Windows Vista以外のOSで使用する場合は、従来商品「オペレートナビEX(Ver2.1)」を購入する必要がある。
 
 価格は通常版が税込62,790円。バージョンアップ版が10,395円。いずれも出荷は25日より。同日より体験版も公開される予定となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top