東芝、新型バッテリー「SCiB」——電気自動車・バイク、産業機器、非常電源などへ応用 | RBB TODAY

東芝、新型バッテリー「SCiB」——電気自動車・バイク、産業機器、非常電源などへ応用

エンタープライズ その他

SCiB標準モジュール
  • SCiB標準モジュール
 東芝は12日、新型二次電池「SCiB」を製品化し産業分野を中心に2008年3月から量産を開始すると発表した。

 二次電池は、いわゆる蓄電池あるいはバッテリーのことで、「SCiB」は、高い安全性と、急速な充放電を行っても10年を超える長寿命性能、わずか5分間で容量の90%以上の充電が可能な急速充電性能を備えているとのこと。約3000回の充放電サイクル後も、容量低下はわずか10%未満、約5000回を超える繰り返し充放電が可能なため、1日1回の充電でも10年以上利用可能となる。

 東芝では、この特性バランスを実現するため、独自の新負極材、新セパレータ、新電解液を採用し、さらにあらたな生産技術を確立したことにより、高い信頼性の二次電池を実現できたとしている。また、SCiBは長寿命性能であるため、廃棄物削減にもつながることで環境負荷の低減にも寄与できるとしている。

 「SCiB」4.2Ah(アンペアアワー)のセルを10個直列に配列したモジュール(標準モジュール)で構成され、大電流充電(50A)が可能。標準モジュールには、電圧・温度監視、異常監視・保護、セルバランス調節等の機能を備えたバッテリーマネージメントシステムが搭載される。

 SCiBは、すでに二次電池の普及が始まっている電動自転車や電動バイク、フォークリフト、建設機械などに加え、非常用電源や風力発電での電力回生や電力品質の安定化などの用途への適用が可能とのこと。今後は、より高性能な電池セルの開発を進め、ハイブリッド自動車や、将来の電気自動車などへの適用も見据えて2015年度には、売上高1000億円規模を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top