インテル、「XMLソフトウェア・スイート 1.0」を発表〜LinuxとWindowsをサポートするランタイム・ライブラリなどを提供 | RBB TODAY

インテル、「XMLソフトウェア・スイート 1.0」を発表〜LinuxとWindowsをサポートするランタイム・ライブラリなどを提供

エンタープライズ その他

 インテルは5日、「インテルXMLソフトウェア・スイート 1.0」を発表、本日より出荷を開始した。

 高速XML変換を行う「XSLTアクセラレーター」、効率的なXMLパーシングを行う「パーシング・アクセラレーター」、ドキュメント検証用の「スキーマ・アクセラレーター」、データの評価および操作用の「XPath アクセラレーター」が含まれる。

 XMLソフトウェア・スイートでは、W3CやOASIS(Organization for the Advancement of Structured Information Standards)など、業界標準のサーバやアプリケーションのXML処理を改善するランタイム・ライブラリが提供される。サービス指向アーキテクチャ(SOA)システム構築時などに問題となるパフォーマンスの低下を、既存のアプリケーションの修正や環境の再構築を必要とせずに改善することができるとしている。

 LinuxおよびWindowsの両OSをサポートし、C/C++版およびJava環境版が用意される。日本国内ではエクセルソフトを通じて販売の予定。開発者ライセンスが希望小売価格71,715円(税込)、プロダクション・サーバー・ライセンスが希望小売価格718,200円(税込)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top