マイクロソフト、USBフラッシュメモリとしても使用できるレシーバー付属のワイヤレスレーザーマウス | RBB TODAY

マイクロソフト、USBフラッシュメモリとしても使用できるレシーバー付属のワイヤレスレーザーマウス

IT・デジタル ノートPC

Mobile Memory Mouse 8000
  • Mobile Memory Mouse 8000
  • 本体充電はUSBレシーバーとケーブル接続して行う
 マイクロソフトは、メモリ機能などを搭載したUSBレシーバー付属のワイヤレスマウス「Mobile Memory Mouse 8000」を12月7日に発売する。価格は12,600円。

 同製品は今年9月に発表された5ボタン式レーザーマウスで、発表時には発売日・価格が未定とされていた。主な仕様として、2.4GHzワイヤレス方式を採用し、半径10m内で操作可能。本体は充電式で、PC接続した付属のUSBレシーバーとケーブルで繋ぐことで充電に対応する。また、マウス底面にワイヤレス方式の切り替えスイッチを装備し、Bluetooth対応のPCでも使用可能。そのほか、USBレシーバーはマウスの受信・充電以外に、メモリ機能を搭載。メモリ容量は1GBで、通常のUSBフラッシュメモリのようにPCに差して使用する。

 対応OSはWindows Vista/XP/2000と、Mac OS X 10.2〜10.4。本体サイズは幅64×高さ38×奥行き82.5mmで、ケーブル長は90cm。
《》

関連ニュース

特集

page top