フュージョンGOL、中国語も使える「SNS 多言語(日中版)構築パッケージ」提供開始 | RBB TODAY

フュージョンGOL、中国語も使える「SNS 多言語(日中版)構築パッケージ」提供開始

ブロードバンド その他

「成就網」の事例画面
  • 「成就網」の事例画面
 フュージョン・ネットワークサービス GOL事業本部(FUSION GOL)は5日より、日本語・簡体中国語・繁体中国語(2か国語、3言語)をインターフェイスとして利用できる「SNS 多言語(日中版)構築パッケージ」の提供を開始した。

 FUSION GOLは、2006年11月から日本に在住する英語を話すファミリー向けSNS「Piqniq」、2007年3月から日本語と中国語を言語インターフェイスとするSNS「成就網」を開設・運営している。こうした実績に対し、グローバル企業を中心とした企業ユーザから、多言語でのSNS構築・運営の要望が寄せられており、これに応えるためにノウハウをパッケージ化し販売する。

 第1弾となる「SNS 多言語(日中版)構築パッケージ」は、「成就網」のプログラムソースを活用した多言語インターフェイスのSNSを、FUSION GOLのホスティングサービス上に展開するもの。サイト構築だけでなく、オプションとして運営上必要とされるコミュニティの開設・運営・管理、モニタユーザーの設置、メールサポート、投稿監視やSNSサイトの活性化に繋がるサービス、さらにユーザ固有の運営環境に合わせた新機能を順次開発、提供していく計画となっている。12月末までには、英語を言語インターフェイスとするSNS構築パッケージの提供も予定されている。

 「SNS 多言語(日中版)構築パッケージ」の標準価格(税別)は、初期費用が70万円、月額費用が5万円。中堅・中小企業、教育機関、自治体を対象とし、年間で20社の受注を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top