マイクロソフト、WindowsMedia.com上の広告販売を開始〜男性30代〜50代が中心 | RBB TODAY

マイクロソフト、WindowsMedia.com上の広告販売を開始〜男性30代〜50代が中心

ブロードバンド その他
 マイクロソフトのデジタル アドバタイジング ソリューションズ部門は1日より、エンターテイメントサイト「WindowsMedia.com」上の広告販売を開始した。

 WindowsMedia.comは、2000年にサービスを開始し、現在は男性ユーザ約75%、30〜50代の男性ユーザが62%、国内で毎月344万ユーザーに利用され、965万ページビューのアクセスのサイトとなっている(2007年9月同社調べ)。

 マイクロソフト デジタル アドバタイジング ソリューションズでは、MSNとWindows Live(国内3500万人利用)に加え、2007年1月からオフィスアワーのビジネスユーザへのリーチが可能な媒体としてMicrosoft Office Online(国内580万人利用)での広告販売も行ってきたが、今回あらたにWindowsMedia.comが加わることで、さまざまな生活者と広告主をより強固に結びつける広告ソリューションを提供することが可能だとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top